オゾバリアで生成したオゾンが新型コロナウイルスを不活化させることが確認されました。

エクレール株式会社は奈良県立医科大学との共同研究により、オゾン発生器「ozobarrier オゾバリア」で生成されたオゾンが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を不活化させるという結果を発表しました。
オゾンには一般的なウイルスの不活性効果がありますが、本研究によりコロナウイルスも不活性化させることが正式に確認されました。
なお、本実験は本機器を密閉されたデシケーター内に静置した状態で適切な病原体封じ込め措置のもと行われたものであり本機器の実際の使用環境における効果を示すものではありません。

以下、詳細はPDFファイルを御覧ください。

エクレール株式会社製オゾバリア「ozobarrier」で生成したオゾンによる新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化効果について